> > 三菱重工 中国企業に、2,500kWの大容量発電風車の製造技術を供与

三菱重工 中国企業に、2,500kWの大容量発電風車の製造技術を供与

記事を保存

三菱重工業は、中国の寧夏銀星能源に対し、定格出力2500kWの大容量発電風車の製造技術を供与する。対象機種は「MWT100/2.5」で、寧夏銀星に対する技術供与は、2007年に行った1000kW風車「MWT-1000A」に次いで2回目。同機種は、主力機種である2400kW風車の出力をアップし、中国向けに改造を施した機種であり、2400kW風車の高い強風耐性、避雷性能、輸送の容易性などの特長を引き継いでいる。三菱重工は、今後さらにライセンス生産機種の拡充を図り、中国市場を積極的に開拓していきたい考えだ。

今回の供与は、風力発電設備の需要が急拡大している中国で、今後の主力となる大型風車の製造技術獲得を目指す寧夏銀星と、中国でのライセンス生産の拡大を狙う三菱重工の思いが一致したことによるもの。中国では風力発電設備の導入が急速に拡大しており、2009年の新規導入量は1400万kWで世界1位。累積導入量は2600万kWで、米国、欧州に次いで世界3位(2009年末時点)だ。中国政府は2020年までに風力発電設備を1億kW以上導入することを目標に掲げていることから、世界の最有力市場の一つと期待されている。

寧夏銀星の親会社である寧夏発電集団は、2003年6月設立の中堅電力会社。火力発電所を中心に太陽光や風力などの再生エネルギー発電設備も保有している。特に風力に関しては積極的にウインドファームを建設しており、寧夏銀星の「MWT-1000A」の主要な納入先となっている。先進機種である2500kW機についても、寧夏発電集団のウインドファームに加え、中国全土への販売拡大を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.