> > 日本風力開発・トヨタなど 六ヶ所村でスマートグリッドの実証実験を開始

日本風力開発・トヨタなど 六ヶ所村でスマートグリッドの実証実験を開始

記事を保存

六ヶ所村二又風力発電所日本風力開発は、トヨタ自動車、日立製作所パナソニック電工の3社とともに、青森県六ヶ所村でスマートグリッド(次世代送電網)の実証実験を開始する。同実験は9月16日から開始される予定で、世界で初めて、大規模蓄電池併設型風力発電所を活用した住民居住型の取り組みとなる。

CO2を排出しない、系統電力から独立した電力網である「クローズドグリッド」を独自に構築し、自然エネルギー発電を電源に、電力供給側と需要側を協調させ、地域全体でエネルギーマネージメントを行い、エネルギー効率の最適化を図る実証実験に取り組む。プロジェクトの実施期間は、2012年7月までの予定。本プロジェクトには、4社のほか、青森県六ヶ所村や積水ハウスなど、13の企業や自治体が参画する。

自然エネルギーの供給源となるのは、既設の六ヶ所村二又風力発電所と、日立製作所が提供する太陽光発電設備(100kW)。需要側としては、六ヶ所村の分譲地に3種類のホームエネルギーマネージメントシステム(HEMS)を導入した実証棟「スマートハウス」6棟を建設した。全需給制御システムとしてコントロールセンターを設置し、発電側と新設した100kW級のHUB蓄電池(地域用蓄電池)を監視制御し、グリッド内の電力需要量をコントロールする。トヨタ自動車は、地域内やスマートハウス内に充電スタンドを設置し、プリウスプラグインハイブリッド(PHV)8台を導入する。

また、供給側・需要側双方に蓄エネルギー機器を設け、多様な運用を試みるとともに、系統電力から独立したローカル市場モデルとして、発電状況や電力単価などの情報提供をもとにした需要側の調整手法を導入し、市場メカニズムに基づく電力取引も実証する予定だ。

各社の主な取り組みは以下の通り。日本風力開発は、供給側におけるHUB蓄電池の調整と、需要側(スマートハウス)における、供給側と協調し快適性を維持しながら、電力利用をコントロールするエネルギーマネージメントシステムを開発する。トヨタ自動車は、PHVの運行管理システム、電力消費・蓄電計画を作成・制御するシステム「TSC」(TOYOTASmartCenter)を実証する。

パナソニック電工は、グリッドシステムと連携するHEMSを活用し、電力供給側と電力需要側(住人)の要望を両立させるための調査と対策の検討を行う。日立は、各スマートハウスに通信機能をもつスマートメーターを設置し、消費・発電電力量を測定するとともに、地域用太陽光発電の監視などを行い、HUB蓄電池制御を行う電力コントロールセンターと連携させて、自然エネルギーを最大限に利用するための蓄エネルギー制御や負荷制御技術の検証を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.