> > カワサキプラントシステムズ 発電機一体型の小水力発電システムを初受注

カワサキプラントシステムズ 発電機一体型の小水力発電システムを初受注

記事を保存

カワサキプラントシステムズは、徳島県の正木ダム(勝浦川水系勝浦川)向けに、水車と発電機が一体となった小水力発電システム「リング水車」を初受注したと発表した。同社は、徳島県正木ダムで現在稼動中の維持放流設備を利用した、発電出力約70kWの小水力発電システムを設置する。水車発電機およびダム管理所内の電力系統へ連系するための制御盤、所内で運転状況が監視できる遠隔監視装置などを納入し、稼動開始時期は平成23年2月の予定。

小水力発電とは、1000kW以下の水力エネルギーを小規模な水車で発電するもので、CO2排出量が少ない再生エネルギーとして注目されており、今後、ダムの維持放流設備以外にも浄水場や農業用水、工場において需要拡大が期待されている。リング水車は、同社が川崎重工と共同開発したインライン型の小水力発電システムで、発電機を水車の外周にリング状に配置した一体構造により、従来のシステムに半分以下の小型化と低騒音・低振動を実現している。水車の軸受には、潤滑オイルに代わって、発電用の水量そのものを使う水潤滑方式を採用しているため、油脂類による水質汚濁が発生せず、オイル補充や部品交換などの日常メンテナンスも不要。

本システムで発電された電力は所内の電力として供給されるため、CO2排出量の削減に貢献する。また、余剰電力の売電により、ダム管理所の維持管理費用の低減にもつながる。同社では、20kWから500kWまでのリング水車のラインアップを揃えている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.