> > GSユアサ HEV向けに、高性能のリチウムイオン電池用正極材料を開発

GSユアサ HEV向けに、高性能のリチウムイオン電池用正極材料を開発

記事を保存

リチウムイオン電池用正極材料「リン酸バナジウムリチウム」GSユアサは、ハイブリッド車(HEV)向けのリチウムイオン電池用正極材料「リン酸バナジウムリチウム」を開発した。高い安全性と出力密度、優れた放電性能、低コストで生産できる点などが特長。今後、リン酸バナジウムリチウムを用いたリチウムイオン電池の開発を積極的に進める。

従来の正極材料に比べて安全性の高い正極材料として、「ポリアニオン系正極材料」が注目を集めており、リン酸バナジウムリチウムもこの一種。主に、同じポリアニオン系である「リン酸鉄リチウム」の実用化が進められているが、電気抵抗の高さや、製造コストが高いことが難点とされてきた。そのため、同社はリン酸バナジウムリチウムに着目して開発を進めており、今回、従来に比べて比較的安価な合成法で合成が可能になった。また、同材料を用いたリチウムイオン電池について、リン酸リチウムと同等の高い安全性を確保し、出力は約20%増と、高い出力特性を得ることに成功したという。

今回使用されたリチウムイオン電池の試作品は、公称電圧3.5V、容量5.0Ah。なお、今回の開発の一部は、NEDOの委託事業「次世代自動車用高性能蓄電システム技術開発」により実施したもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.