> > JFEエンジニアリング 中国で食品残渣バイオガス発電システムを初受注

JFEエンジニアリング 中国で食品残渣バイオガス発電システムを初受注

記事を保存

JFEエンジニアリングは、中国向けにメタン発酵設備及びバイオガス発電設備を供給する。これは、同社が、中国国内でレストラン厨芥(飲食店から出る食品廃棄物)処理事業を展開する青海潔神環境能源と主要機器供給の業務提携契約を結び、青海潔神が鄭州市から受託したバイオガス発電事業向けに、設備を導入するもの。中国におけるバイオガス発電システムの導入は同社初となる。当面は年間2~3件の受注を目指す。中国のレストラン厨芥の再資源化市場は年間2000億円規模といわれており、将来的には実際の事業参画も視野に入れて、同市場に積極的に参入していきたい考えだ。

中国では一般廃棄物、産業廃棄物、下水汚泥、レストラン厨芥のほとんどが埋立て処分されているため、最終処分場の確保や周辺環境の汚染が深刻な問題となっている。特にレストラン厨芥の処理については、収集・運搬から無害化・再資源化までを一貫して行う事業権を市が民間企業に付与し、インフラ整備を加速させる動きがある。

レストラン厨芥の収集・運搬からバイオガス製造までを手掛けている青海潔神は、今回、JFEエンジのシステムを導入することにより、日量200トンのレストラン厨芥から900kWを発電し、売電できるようになる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.