> > 岩崎電気・帝人 世界初、オール樹脂製の屋外照明用LEDランプを開発

岩崎電気・帝人 世界初、オール樹脂製の屋外照明用LEDランプを開発

記事を保存

オール樹脂製の屋外照明用LEDランプ岩崎電気と帝人は、従来、主としてアルミが用いられていた放熱筐体に、高熱伝導性樹脂を使用した屋外照明用LEDランプを共同開発したと発表した。本製品は、口金を除き、筺体をすべて樹脂製とした世界初の屋外照明用LEDランプとなる。

看板や作業現場などに使用される照明には、主としてセルフバラスト水銀ランプが使われているが、消費電力の多さなどが課題となっている。その代替となるLEDランプの開発では、放熱材にアルミを使用した場合、十分な光の量を確保すると照明自体が重くなることや、発熱による電気回路への影響が障壁となっていた。そこで、両社は、岩崎電気の照明器具設計技術と、帝人グループのポリカーボネート樹脂に独自の高熱伝導性炭素材料「ラヒーマ」を複合した高熱伝導性樹脂とを融合させ、「明るさ」「低消費電力」「長寿命」「軽量」を兼ね備えた本製品を開発した。

同製品は、岩崎電気が「LEDアイランプ」として商品化し、年内にも発売する計画で、発売当初は年間3万本の販売を見込む。また、帝人は、LEDランプへの高熱伝導性樹脂の採用を受け、LED分野やその他の分野での「ラヒーマ」の展開を強化し、2015年には数百トン規模の販売を目指す。今後の需要動向に応じて、量産設備の導入も検討していく。

今回開発したLEDランプは、従来のセルフバラスト水銀ランプと比べて、消費電力は約1/10(18W)で、寿命は約7倍の40000時間。また、セルフバラスト水銀ランプの光束が1450lmであるのに対して、1600lmの明るさを実現した。光色・演色性についても、セルフバラスト水銀ランプ(3100K・Ra58)に対して、同等色で演色性を重視した電球色(3000K・Ra80)タイプと、効率性を重視した白色(6500K・Ra70)タイプの2種類を用意する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.