岩崎電気・帝人 世界初、オール樹脂製の屋外照明用LEDランプを開発

  • 印刷
  • 共有

オール樹脂製の屋外照明用LEDランプ岩崎電気と帝人は、従来、主としてアルミが用いられていた放熱筐体に、高熱伝導性樹脂を使用した屋外照明用LEDランプを共同開発したと発表した。本製品は、口金を除き、筺体をすべて樹脂製とした世界初の屋外照明用LEDランプとなる。

看板や作業現場などに使用される照明には、主としてセルフバラスト水銀ランプが使われているが、消費電力の多さなどが課題となっている。その代替となるLEDランプの開発では、放熱材にアルミを使用した場合、十分な光の量を確保すると照明自体が重くなることや、発熱による電気回路への影響が障壁となっていた。そこで、両社は、岩崎電気の照明器具設計技術と、帝人グループのポリカーボネート樹脂に独自の高熱伝導性炭素材料「ラヒーマ」を複合した高熱伝導性樹脂とを融合させ、「明るさ」「低消費電力」「長寿命」「軽量」を兼ね備えた本製品を開発した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報