> > 日産・日立など EVの車載蓄電池を家庭や地域で活用する技術開発に着手

日産・日立など EVの車載蓄電池を家庭や地域で活用する技術開発に着手

記事を保存

日産自動車、日立製作所オリックスオリックス自動車の4社は、電気自動車(EV)の車載蓄電池を、将来的に電力貯蔵可能な社会インフラの一つとして、家庭および地域社会で活用するための技術開発に取り組む。本事業は、4社共同で推進する「放電対応EVを用いたエネルギーマネジメントシステム」が、NEDOの支援する「蓄電複合システム化技術開発」に採択されたことを受けて行うもの。横浜市の「横浜スマートシティプロジェクト」(YSCP)とも連携し、横浜市実証グループとして体制を整備して実施する。また、開発オブザーバーとして、日産カーレンタルソリューションが参画する。

本事業において、日産は、EVの蓄電池から家庭やビル等に放電が可能となる通信制御を含めた技術開発、日立は、太陽光発電と蓄電池を利用したエコ充電システムおよびEVとエコ充電システムを連携させたエネルギーマネジメントの開発、オリックスオリックス自動車は、充電スタンド管理センターと連携し、予約・配車を行うEVシェアリングマネジメントシステムの開発を行う。これらの技術を、家庭・ビルや地域のエネルギーマネジメントシステムと連携させて効率的よく運用することで、再生可能エネルギーの利用率の向上を図るとともに、地域一帯のエネルギーマネジメントの実用可能性を検証する。

YSCPは、横浜市が東芝や日産など民間企業5社を中心に、地域のエネルギー効率化を目指す様々な取り組みを計画しているもので、経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証地域」に選定されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.