> > 三菱電機 米国大学に導入する太陽電池モジュール2.7MW分を受注

三菱電機 米国大学に導入する太陽電池モジュール2.7MW分を受注

記事を保存

三菱電機は、米カリフォルニア州のビュート・カレッジから、同大学が導入する約2.7MWの太陽光発電システムに用いる太陽電池モジュール14368枚を受注した。三菱電機は、2009年、同大学に対して合計約450kW、2418枚の太陽電池モジュールを納入している。今回、その実績を踏まえて、モジュール全数の受注に至った。

ビュート・カレッジでは、2005年から太陽光発電システムの導入を始め、2009年の第2期導入時には、構内使用電力の4割以上をまかなえる1.85MWを導入。今回、第3期として約2.7MWの太陽光発電システムを導入し、2011年5月の稼働時には計4.55MWの設置容量になる。これにより、構内使用電力のほぼ全てをまかなえるという。今回導入されるシステムは、地上、駐車場の屋根上に設置され、年間発電電力量は3481920kWhになると見込まれる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.