> > 三洋・両備グループ 世界初、太陽電池搭載の公共バス「ソラビ」を開発

三洋・両備グループ 世界初、太陽電池搭載の公共バス「ソラビ」を開発

記事を保存

ソラビ(SOLARVE)三洋電機と両備グループは、世界で初めて太陽電池を搭載した公共交通バス「ソラビ(SOLARVE)」を共同開発し、8月26日に、岡山市の両備ホールディングス錦町オフィスで公開した。バスの屋根に、三洋電機製のHIT®太陽電池(420W)と、形状加工に優れたアモルファスシリコン太陽電池Amorton®(378W)を搭載している。

「ソラビ」は、太陽電池で得られた電力を車内のLED照明用に使用することで、再生可能エネルギーを最大限有効利用する。車内のLED照明は、無日照時でも約9時間の連続点灯が可能。また、ウイルスウォッシャー機能を搭載した三洋電機製のポータブル空間清浄器「エネループエアフレッシャー」を5台搭載しているため、車内空間の除菌や消臭も可能だ。

「ソラビ」は、両備グループ創立100周年を記念し導入された、コンセプトバス2台のうちの1台。もう1台は7月16日に公開された「さいバス」で、「ソラビ」と同様に、エネループエアフレッシャーが5台搭載されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.