> > 伊藤忠商事 エネルギー管理サービス事業で大阪ガスと業務提携

伊藤忠商事 エネルギー管理サービス事業で大阪ガスと業務提携

記事を保存

ecoFORTE(エコフォルテ)伊藤忠商事は、ITを活用したエネルギー管理サービス事業(EMS事業)に関して、大阪ガスと業務提携する。ソフトウェア開発、通信技術などIT事業に関するノウハウを持つ伊藤忠商事と、空調設備など多様な設備に対する計測制御ノウハウを持つ大阪ガスグループが提携することにより、省エネのニーズに対応できる、拡張性の高いクラウド型センターシステム開発の充実とスピードアップを図る。

エネルギー管理サービスは、工場やオフィスビル、店舗を対象に、電気やガスなどのエネルギー使用量を一括で把握・管理し、省エネに向けた業務の促進、負担軽減を図るサービス。CO2排出量削減に対する意識の高まりや改正省エネ法の施行によって、EMS事業の国内市場規模は2010年度には約209億円、2014年度には約770億円に達するとみられている。

伊藤忠商事は、行政への届出書類の作成やエネルギー管理ができるクラウド型省エネ支援サービス「ecoFORTE(エコフォルテ)」を開発し、2009年10月から全国で販売している。一方、大阪ガスグループは、建物全体のエネルギー使用量の計測と空調・照明設備の簡単な制御ができるクラウド型省エネ支援サービス「もっとsave」を開発し、2007年6月から関西圏の大学、工場、病院を中心に販売している。両社が持つ技術やノウハウを相互に提供し合って開発を進め、将来的にはサービスブランドの統合も視野に、共同でEMS事業基盤の拡大を目指したい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.