> > ウェスティンホテル東京 パナ電工製・テスラ製のEV・PHV用充電器を導入

ウェスティンホテル東京 パナ電工製・テスラ製のEV・PHV用充電器を導入

記事を保存

ウェスティンホテル東京(東京都目黒区)は、電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)用充電器を導入し、8月26日より、宿泊者のほか、レストランやスパなどの利用者に対して、充電サービスの提供を開始する。充電施設は同ホテル内駐車場地下3階に設置され、当面無料で利用できる。

今回導入したのは、パナソニック電工製EV・PHV充電用屋外コンセント(200V用)と米国テスラモーターズ社製テスラ専用急速充電器。テスラ社製EV用の急速充電器は、国内宿泊施設では初めての導入となる。

パナソニック電工製EV・PHV充電用屋外コンセント(200V用)の空からフルチャージまでの標準充電時間は、三菱自動車「i-MiEV」の場合、100Vで14時間、200Vで7時間。テスラ専用急速充電器のフルチャージまでの充電時間は4時間。なお、フルチャージしたときのテスラ・ロードスターの航続距離は348km。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.