> > 日本ユニシス・エネゲート EV向け充電インフラビジネスで連携

日本ユニシス・エネゲート EV向け充電インフラビジネスで連携

記事を保存

日本ユニシスは、エネゲートと共同で、電気自動車(EV)向け充電インフラシステムを構築し、事業連携することを発表した。日本ユニシスの「smartoasis®(スマートオアシス)」とエネゲートの「エコQ電®」の連携によるシステムで、12月より、大阪、京都など関西エリアを皮切りに全国展開を開始する。今回の連携により、両社はサービス拡充と販売拡大を図りたい考えだ。

日本ユニシスは、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)向け充電インフラシステムサービス「smartoasis®」を開発し、2009年度より、自治体やガソリンスタンドなど国内各地の社会実証実験への提供を行ってきた。一方、関西電力グループ企業のエネゲートは、スマートメーターやエネルギー・マネジメントシステムの開発などに関して、高度な技術とノウハウを有しており、EV向け給電システム「エコQ電®」を開発している。

QRコードによる利用者認証機能をもつ「エコQ電®」には、ICカード(FeliCaカード)による利用者認証機能を追加。「smartoasis®」との連携により、利用者は1枚のカードで、「エコQ電®」と「smartoasis®」のそれぞれが管理する充電スタンドを利用できる。

また、「おおさか充電インフラネットワーク」で2010年3月より運用している充電スタンドの予約サービスに加え、充電状態メール通知サービスなどの付加サービスを両社が分担、あるいは共同で開発して利用者に提供するなど、共同で多様なサービスを拡充させる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.