> > 丸紅 米国カーギル社と、温室効果ガス削減事業で提携

丸紅 米国カーギル社と、温室効果ガス削減事業で提携

記事を保存

丸紅は、米国カーギル社と、途上国における森林減少・劣化対策や再生可能エネルギープロジェクトを含む温室効果ガス削減事業の開発と、その事業に関連した排出権の組成や販売で提携する。両社は、広範な分野での温室効果ガス削減事業の協業を推進する方針だ。

丸紅は、従来から海外の温室効果ガス削減プロジェクトに参画し、京都議定書に定めるクリーン開発メカニズム(CDM)による排出権を獲得し、日本政府をはじめ、国内の需要家向けに販売する排出権ビジネスを手掛けてきた。現在、中国浙江巨化公司フロン分解プロジェクト(中国)やガンウォン風力発電プロジェクト(韓国)などに参画。水力発電、風力発電をはじめ、メタンガス回収利用やフロン類の分解事業など、様々なプロジェクトで排出権を調達している。今後は、2013年以降のポスト京都次期枠組みの下での温室効果ガス削減事業の開発を視野に入れ、排出権を調達するプロジェクトを多様化し、日本国内での需要に対応していく考えだ。

カーギル社は、米国の穀物メジャーで、石油や大豆など日常生活に不可欠なコモディティへの投資事業のほか、温室効果ガス削減プロジェクトへの投資を行い、排出権及び関連サービスに関する総合的なポートフォリオ運営を世界的に展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.