富士経済 国内のヒートポンプ機器市場は省エネ対策などで拡大傾向

  • 印刷
  • 共有

富士経済は、エコキュートやエアコンなど、ヒートポンプ技術を活用した機器(ヒートポンプ機器)の国内市場を調査した。2009年度に1兆8483億円となった同市場は、2015年度には09年度比1.1倍の2兆円に達すると予測する。報告書は、今後拡大が期待される注目市場として、熱回収型ヒートポンプ、業務用ヒートポンプ式給湯器、ヒートポンプ式自動販売機、電動自動車用エアコンをあげた。

熱回収型ヒートポンプの市場は、2009年度の9億円に対し、2015年度は31億円、2020年度は09年度比7.2倍の65億円となる見込み。本調査では、排温水を回収して温水や蒸気を発生させる排熱回収ヒートポンプと、冷熱と温熱を同時に取り出す冷温同時取出ヒートポンプを対象とした。これらのヒートポンプは、CO2削減や重油価格高騰などにより、ボイラやチラーの代替機器として注目が集まっている。今後は、電力会社の営業強化と政府の補助政策により、市場は急拡大する可能性があるという。排熱回収ヒートポンプは、主に温浴施設やゴルフ場、病院、ホテル、老健施設、給食センターなど業務施設で導入が進む。冷温同時取出ヒートポンプは、主に工場で導入が進むが、市場の拡大に向けて、プロセスラインにノウハウを持つ製造装置メーカー(洗浄装置、乾燥装置メーカー)との協力体制の構築が重要となってくる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報