> > 東京ガス 太陽熱ガス温水システム「SOLAMO」が分譲マンションで初採用

東京ガス 太陽熱ガス温水システム「SOLAMO」が分譲マンションで初採用

記事を保存

東京急行電鉄は、2011年10月に竣工予定の「ドレッセ青葉台プレエスタ(横浜市青葉区)」の最上階の一部住戸(3戸)に、太陽エネルギーで暖められた熱を給湯などに利用する、太陽熱ガス温水システム「SOLAMO(ソラモ)」を採用する。「SOLAMO」は、東京ガスが2010年2月に発売開始した新築マンション向けのシステムで、分譲マンションへの採用は今回が初めて。

「SOLAMO」は、各住戸のバルコニーの手すりに設置した集熱パネルで太陽熱を集めて給湯に利用し、熱が足りない場合は瞬間的にお湯がつくれるガス給湯器が補うシステム。標準的な3人家族の場合、給湯使用量の約16%を太陽熱でまかなうことができる。潜熱回収型高効率給湯器「エコジョーズ」と併用すれば、従来の給湯器と比べて、ガス使用量とCO2排出量を年間約29%削減できる。また、給湯・お風呂・暖房に使うガス料金を、従来よりも年間約18000円抑えることができるという。

また、太陽熱利用によるCO2削減量を確認できるタッチパネル式リモコンが設置されているので、太陽熱利用による累積CO2削減量や太陽エネルギーの利用状況を簡単に確認することができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.