> > 日新電機 分離膜を採用した、食品工場向けの排水処理システムを発売

日新電機 分離膜を採用した、食品工場向けの排水処理システムを発売

記事を保存

日新電機は、食品工場向けの接触曝気式排水処理設備「沈殿槽型ハイキューブシステム」に中空糸膜(分離膜)を適用した新製品「分離膜型ハイキューブシステム」を開発し、8月16日から販売を開始する。分離膜技術により処理能力を2倍に向上させ、処理水の再利用も可能にしたのが特長。従来の「沈殿槽型ハイキューブシステム」も含めて、2011年度国内で10億円の売上を目指す。

「分離膜型ハイキューブシステム」は、接触曝気方式に最新の分離膜テクノロジーを融合させ、従来方式を大幅に上回る処理能力を備えた食品工場向けの排水処理設備。分離膜には、住友電工ファインポリマー製の中空糸膜「ポアフロン」を採用した。標準活性汚泥方式に比べて約5倍、「沈殿槽型ハイキューブシステム」に比べて2倍の処理能力を有する。

また、分離膜は除菌が可能なため、処理水を中水として再利用することができるほか、耐久性に優れたPTFE製の2層構造(微細層と粗い層)になっており、膜の寿命が従来の2倍になるという。設置スペースについても、従来のように沈殿槽や消毒槽を設置する必要がなく、曝気槽も小型化できるため、大幅な省スペース化を実現した。例えば、処理水が200m3/日、BOD濃度が1500mg/Lの場合、標準活性汚泥法の約40%のスペースで同等の処理が可能だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.