> > アイサプライ 2011年の太陽光発電世界市場は前年比42.7%増

アイサプライ 2011年の太陽光発電世界市場は前年比42.7%増

記事を保存

米国の調査会社アイサプライは、2011年の太陽光発電の世界市場についてレポートを発表した。同レポートによると、2011年の市場は、システム等の価格低下が各国政府の補助政策の削減を補う形となり、引き続き拡張。太陽光発電システムの設置は、2010年の14.2GWから42.7%伸びて20.2GWになる見込みだ。

国別でみると、第1位のドイツでは、2011年に2010年(6.6GW)から43.9%増の9.5GWの太陽光発電システムが設置される。2009年比73.6%増となった2010年と比べると、伸び率は低下する形だ。第2位のイタリアでは、2011年に2010年(1.3GW)から53.6%増の2GWが設置される。米国では、2011年に2010年(1.1GW)から79.3%増の1.9GWが設置され、世界第3位となる。フランスと日本は、初めて1GWの大台を超え、第4位と第5位になる。チェコ共和国は、補助政策の大幅な引き締めにより、2011年は大きく後退し、2010年の1GWから150~250MWまで急落する。

2011年の太陽光発電システムの設置は、ドイツとイタリアの電力買取制度(フィードインタリフ)のカットや、ギリシャやイタリア、スペインの財務危機、ユーロ安と中国元の関係による欧州のソーラーセル価格の見かけ上の引き上げなどにより、2010年のペースに比べると鈍化する。しかし、同社では、USドルとユーロ間のレートが1.20$/ユーロ以上と仮定すると、2011年の結晶シリコン・ソーラーセルの価格は、2010年に比べると5%程度低下し、ソーラーシステム価格は、欧州では平均で約10%低下するとみている。この価格低下により、引き続き需要が喚起されるとみている。

また、2012年については、太陽光発電システムの設置は20.8GWとなり、一年でわずか2.8%の成長に減速すると予測する。例えばドイツの太陽光発電市場は、政府の補助のカットを受けて、毎年4~4.5GWの拡大に留まる見通しだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.