> > 三菱重工業 英国で、石炭火力発電所向けCCS装置の初期設計を受注

三菱重工業 英国で、石炭火力発電所向けCCS装置の初期設計を受注

記事を保存

三菱重工業は、英国FosterWheeler社と共同で、同国の電力会社E.ONUKから、石炭焚き火力発電所向けCO2回収・貯留(CCS)装置の初期設計(FEED)を受注した。2009年6月に受注した基本設計(Pre-FEED)に続くもので、E.ONUKはこれをもって、英国エネルギー・気候変動省が進めるCCS実証プロジェクトに入札する。最終的にE.ONUK社が選ばれれば、世界初の実用スケール級装置を建設することになる。三菱重工業は、今回のプロジェクトへの参画を機に、CCS装置事業をより拡大したい考えだ。

今回の入札で、E.ONUKは、新規の160万kW超臨界圧石炭焚き火力発電設備にCCS装置を設置し、石炭焚き排ガスからCO2を分離・回収・圧縮する計画で、回収したCO2は北海の廃ガス田に貯留する。今回のFEEDでは、発電プラントとのインターフェース、許認可関連、機器設計などを検討・実施する。

三菱重工業のCO2回収技術は、関西電力と共同開発した特殊な吸収液を用いるKM-CDRと呼ばれるプロセスで、他の方式に比べエネルギー消費量が大幅に少ないのが特長。天然ガス焚き設備からのCO2回収設備として、これまでに7基の納入実績があり、さらに2基を設計・建設中だ。同業界ではトップの実績を誇るという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.