> > 大阪ガス・月島環境エンジ 省CO2型の廃水処理プロセスの実証実験開始

大阪ガス・月島環境エンジ 省CO2型の廃水処理プロセスの実証実験開始

記事を保存

大阪ガスと月島環境エンジニアリングは、省CO2・低コスト型の廃水処理プロセスの商品化に向け、ルネサス関西セミコンダクタ滋賀工場にあるパイロットプラントにおいて、国内で初めて実証試験を行う。実験期間は、平成22年11月~平成23年10月。実験を通して、同プロセスの実用化を加速させ、平成24年の商品化を目指す。

今回実験がおこなわれる「エネルギー創出型廃水処理プロセス」は、ニッケルを特殊処理した触媒に高温・高圧の廃水を通過させることにより、廃水中の有機物を高速で分解処理する。また、処理過程で創出されるメタンを主成分とする可燃性ガスを工場内でボイラー等の燃料として有効利用できる。

一般的に、半導体工場や化学工場などで発生する廃水のうち、従来の生物処理法で処理が困難な芳香族系の有機廃水については、重油などの燃料を用いて燃焼処理されている。しかしこの方法では、CO2を多く排出し、処理コストがかかるのが課題となっていた。新プロセスでは、従来の燃焼処理に比べてCO2排出量は約110%削減、処理コストは約40%削減可能だ。

なお、同プロセスは、文部科学省の地域結集型共同研究事業の1つとして、滋賀県産業支援プラザ、大阪ガス、京都大学、関西日本電気(現ルネサス関西セミコンダクタ)などが協力して、平成15年1月~平成19年12月の5年にわたる開発および評価の成果をベースに開発されもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.