> > 三井物産 ハイフラックス社と合弁契約を締結、中国で水事業拡大へ

三井物産 ハイフラックス社と合弁契約を締結、中国で水事業拡大へ

記事を保存

三井物産とハイフラックス社は、中国で大規模な水事業を展開するために、合弁契約を締結した。既に共同事業会社であるギャラクシーニュースプリング社を折半出資で設立しており、中国でハイフラックス社が直接保有する4つの水事業資産群とハイフラックス・ウォーター・トラスト(HWT)が保有する18の水事業資産群を買収する。ハイフラックス社の技術開発力、水事業の運用管理実績と、三井物産の顧客ネットワーク、グローバルなインフラ事業実績、ビジネス開発・運営能力をあわせ、中国での水インフラ需要を取り込み、水事業を拡大していく計画だ。

ギャラクシー社が買収を計画している事業資産群は、産業化・都市化が著しい江蘇省や河北省など8省に所在する。上水供給プラント9ヵ所、下水処理プラント11ヵ所、リサイクル水プラント2ヵ所で構成され、買収完了時の水処理容量は合計74.5万m3/日、拡張後には82.5万m3/日に上る。

ギャラクシー社は、8月2日付で、18事業資産群の全株式取得を目指し、HWTが発行する持分の非上場化を前提とした買取を公告。4事業資産群の買収は、2010年9月末、ないしは10月までに、ギャラクシー社が4事業資産群の持株会社の株式を買い取る形で完了する予定。

ハイフラックス社は、上下水処理や海水淡水化の分野で急成長を遂げた、シンガポールの大手水事業会社。HWTは、ハイフラックス社が設立したシンガポール証券取引所に上場するビジネストラストで、一部持株会社を介し18事業資産群の全株式を保有している。ギャラクシー社による買収金額は、合計で約200億円になる予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.