> > 日産自動車 今年12月より、北米で順次EV「リーフ」を発売

日産自動車 今年12月より、北米で順次EV「リーフ」を発売

記事を保存

日産自動車の子会社である北米日産自動車は、北米における電気自動車(EV)「リーフ」の投入計画を発表した。同社は、4月よりウェブ上で「リーフ」の予約を開始し、予約者は17000人を突破。同社では予約状況をもとに、顧客の地域ごとの分布割合などを見て、発売に向けた準備を進めている。

「リーフ」は、まず12月に、カリフォルニア州、ワシントン州、オレゴン州、アリゾナ州、テネシー州で発売される。これらの地域では、EVの普及とインフラの整備に向けたEVプロジェクトを実施しており、本プロジェクトは、充電インフラの供給を行うエコタリティ社とのパートナーシップの下、一部、米国エネルギー省からの融資を受けて実施している。本5州での「リーフ」の予約者は、米国における全予約件数の55%以上を占めており、8月より正式注文を開始する。

その後、2011年1月にテキサス州とハワイ州で、4月にノースカロライナ州、フロリダ州、ジョージア州、ワシントンD.C.、バージニア州、メリーランド州、サウスカロライナ州、アラバマ州で発売を予定。米国全土での販売開始は2011年秋を予定している。

「リーフ」は、米レンタカー大手エンタープライズ・ホールディングスでの採用も決定している。同社は、「リーフ」を500台購入し、2011年1月から顧客にレンタカーとして提供する。まず、ロサンゼルスやシアトルなど、異なる8つの市場から導入し、複数の営業所に充電ステーションを設置していく予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.