> > ニチコン 京都府庁に太陽電池と蓄電設備を組み合わせたEV用充電器を設置

ニチコン 京都府庁に太陽電池と蓄電設備を組み合わせたEV用充電器を設置

記事を保存

電子部品メーカーのニチコンは、京都府庁に、太陽電池と蓄電設備を組み合わせた電気自動車(EV)用充電器を設置した。本充電器は、蓄電部にリチウムイオン電池(10kWh)と同社製電気二重層コンデンサ(80kWh)を搭載したハイブリッド方式を採用し、太陽電池で発電した電力を効率的に蓄電し、EVの充電用の電力として使用するシステム。EVへの急速充電は、太陽電池によるエネルギーだけで賄えるが、蓄電が足りない場合は、電力会社からの電力を利用する。また、本システム1基で、急速充電1台、普通充電2台の合計3台のEVの充電を行うことができる。

京都府は、2009年3月に国から「EV・PHVタウン」に選定されており、「電気自動車等普及促進計画」を策定するなど、EVの普及に向けた取り組みを推進している。3月には、EV用急速充電器を6基、200Vコンセントを9基設置し、本年度は、本充電器を含め、太陽光発電付き急速充電器8基の設置を予定している。京都府は、当面、EV用充電インフラの利用を無料にして一般に開放する。

ニチコンは、本社ビル屋上に同社製電気二重層コンデンサを用いた蓄電型太陽光発電システムを設置し、また、風力発電による発電をリチウムイオン電池に蓄電することで平準化する系統連系円滑化蓄電システムなどの開発に取り組んでいる。3月には、京都市西京極総合運動公園に、今回と同様の充電設備を設置した。

電気二重層コンデンサの充放電反応は、電極界面での電解質イオンの吸脱着反応だけであるため、電極での化学反応を伴うリチウムイオン電池と比べると、劣化が少ないという特長を持つ。本ハイブリッド方式による充電により、急峻な充放電を電気二重層コンデンサが担うことで、リチウムイオン電池の長寿命化にも貢献するという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.