> > 農水省 N2O排出削減プロジェクトをJ-VER制度対象プロジェクトに追加

農水省 N2O排出削減プロジェクトをJ-VER制度対象プロジェクトに追加

記事を保存

農林水産省は、「低タンパク配合飼料利用による豚のふん尿処理からのN2O(一酸化二窒素)排出抑制」が、環境省の「オフセット・クレジット(J-VER)制度」の対象プロジェクトに位置付けられたと発表した。これにより、国内で初めて、N2O(一酸化二窒素)の排出削減量を「カーボン・オフセット」に利用することが可能となった。

J-VER制度は、国内におけるプロジェクトにより実現された温室効果ガス排出削減・吸収量をクレジットとして認証する制度で、環境省が2008年11月に創設したものだ。これまでに、「下水汚泥由来バイオマス固形燃料による化石燃料代替」や「植林活動によるCO2吸収量の増大」など、11種類のプロジェクトが認証されている。

今回、追加されたのは、豚の飼養において通常の慣用飼料に代えて、低タンパク配合飼料を給餌することにより、排泄物管理からのN2O排出量を抑制するプロジェクト。過去の研究事例から、豚は、低タンパク配合飼料の給餌に伴うN2Oの排出抑制効果のデータを得やすいことから、最初の対象として選定された。

農水省では、農林水産業から発生するメタンやN2Oなどの温室効果ガスの排出抑制に向けて、様々な方法等を検討するための「農林水産業における排出量取引の国内統合市場の試行的実施等推進検討会」を設置しており、本プロジェクトも同検討会の検討・策定を経て、J-VER制度の新たなプロジェクトに位置付けられた。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.