> > 伊藤忠 ノルウェーの電気自動車メーカーと資本・業務提携

伊藤忠 ノルウェーの電気自動車メーカーと資本・業務提携

記事を保存

伊藤忠商事は、ノルウェーの電気自動車(EV)専業メーカーTHINKHoldingsAS(THINK社)と資本・業務提携したと発表した。同社はTHINK社に出資し、THINK社が設計・製造したEV及びドライブシステムを、日本を含むアジア市場で販売する権利を獲得する。また、今後需要の拡大が見込まれる国内外のEV市場において、THINK社製ドライブシステムとEnerDel社製リチウムイオン電池のパッケージ提案も開始する。伊藤忠商事は、THINK社のEVメーカーとしての技術とノウハウを活用するために、自動車メーカー等との提携にも積極的に関わっていく考えだ。

THINK社は、1991年よりEVの開発・製造に着手し、2009年にEVメーカーとして初めて欧州の型式認定を取得した。現在、欧州・北米を中心に9000台以上のEVの生産・販売実績がある。さらに、2011年、米国インディアナ州に新たな生産拠点を設け、2012年には全世界で年間2万2000台の販売を計画している。また、同社はEVの駆動における基幹部品であるドライブシステム(モーター、バッテリーマネジメントユニット、インバーター)を外販している世界でも数少ないメーカーである。伊藤忠商事は、5月からつくば市で実施している「GreenCrossoverProject(クリーンエネルギーを活用した低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクト)」で、マツダのデミオをベース車両としたEVにTHINK社製ドライブシステムとEnerDel社製リチウムイオン電池を搭載している。

伊藤忠商事は、リチウム資源会社への出資をはじめ、部材の生産、大手車載用リチウムイオン電池メーカーであるEnerDel社を100%子会社にもつEner1社への出資など、リチウムイオン電池分野における事業に注力している。つくば市における実証プロジェクトでは、車載リチウムイオン電池の二次利用ビジネスモデル等、新規事業の取り組みを進めている。

尚、THINK社は、伊藤忠商事が出資している米国Ener1社の100%子会社であるEnerDel社のリチウムイオン電池システムを採用しており、Ener1社は、THINK社の筆頭株主でもある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.