> > 富士重工・日立 国内初の港湾外洋上風力発電施設を鹿島灘で本格稼働

富士重工・日立 国内初の港湾外洋上風力発電施設を鹿島灘で本格稼働

記事を保存

富士重工業と日立製作所は、ウィンド・パワー・いばらきが建設する国内初の港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」向けに、両社が共同開発した大型風力発電システム「SUBARU80/2.0風力発電システム」を7基納入し、7月1日から本格稼働を開始した。

同システムは、ウィンド・パワー・かみす風力発電所の、鹿島灘に面した海岸線から約50mの海上に約2kmに渡って配置されている。直径80mのローターをタワーの風下に配置したダウンウィンド方式で、定格出力は1基につき2000kW。7基で年間7000世帯分の電力を賄う。洋上での設置は、風速が大きく風の変動が少ないため、内陸に設置した風車に比べて発電量を大きくすることができる。また、人家から離れた場所に設置することで、騒音問題や景観問題の解決にも寄与すると期待される。

同システムの特長であるダウンウィンド方式は、台風などの突風による主要構造部分への負担が軽減される構造になっており、安全性が高い。2000kW級の風力発電システムでダウンウィンド方式を商用化したのは、世界初だという。なお、同システムは、富士重工が風車本体のナセル・ブレードやタワーの製造、日立が営業と発電機・パワーコンディショナーなどの製造、据付を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.