> > ブリヂストン 太陽電池用接着フィルムの生産能力を1.6倍に増強

ブリヂストン 太陽電池用接着フィルムの生産能力を1.6倍に増強

記事を保存

ブリヂストンは、太陽電池の主要部材である封止材に使用されるEVAフィルム(エチレン・ビニル・アセテートフィルム)の生産能力を増強する。2012年前半までに、磐田工場(静岡県磐田市)と関工場(岐阜県関市)の生産能力を、月産4200t(2011年からの増産予定分含む)から2400t増強し、月産6600tとする予定。総投資額は82億円。同社は、経営の基本戦略の「戦略商品群への積極的なリソース投入」における多角化事業として、本増強計画を位置付けている。

各工場における増強計画は以下の通り。磐田工場には、42億円を投資し、月産3000tから4200tに増強する。関工場は、40億円を投資し、月産1200tから2400tに増強する。

太陽電池市場は世界的に急伸しており、中長期的にも欧州や北米、国内を中心に需要拡大が見込まれている。それに伴い関連部材の需要も急増している。太陽電池の封止材は、化学的安定性や耐久性などを向上させるために、太陽電池の発電セル(シリコン・セル)を固定・保護し、表面ガラス(受光面側)と裏面保護シート(バックシート)を接着させるために使われており、接着用素材として、主にEVAフィルムが用いられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.