> > NEDO 燃料電池・水素技術開発のロードマップ2010を策定

NEDO 燃料電池・水素技術開発のロードマップ2010を策定

記事を保存

NEDOの燃料電池・水素技術開発ロードマップは2005年に第一版が作成され、今回は3回目の改訂となる。改訂ポイントは、現在の時間軸を2010年(現在)に変更し、前回のロードマップ策定時(2008年6月)以降に達成された技術開発成果や産業界から公表された事業化シナリオをはじめ、技術のコスト構造分析及びコスト予測を実施し、解決すべき技術課題をロードマップに反映させたことなど。また、ロードマップにおける目標設定の考え方、目標達成に向けた各技術開発の関連等を説明した「解説書」を作成した。

燃料電池は、電解質の種類によって数種類が存在するが、その中で、NEDOで特に注目して研究開発を進めている固体高分子形燃料電池(PEFC)と固体酸化物形燃料電池(SOFC)について取り上げている。PEFCは、電解質に固体高分子を用い、70~80℃前後の低温で作動する。小型軽量であることから、FCV(燃料電池車)と、「エネファーム」として商品化されている定置用(家庭用)コージェネシステムに使われている。SOFCは電解質に固体酸化物(セラミックス)を用い、およそ700~1000℃で作動させるもの。40%以上の高い発電効率が得られるため、家庭用から大型事業用まで高効率の発電システムとして期待されている。

定置用(家庭用)コージェネシステムのロードマップでは、現在200~250万円のシステム価格を、2015年頃(普及期)には約50~70万円(10万台/年/社生産ケース)、2020年頃(普及拡大期)には約40~50万円(20万台/年/社生産ケース)、2030年頃(本格普及期)には40万円以下(100万台/年/社生産ケース)を目標としている。FCVも普及に向けての最大の課題はコストダウンとなっている。現状の燃料電池システムの製造コストは数千万円で、2015年頃(普及開始)の現状技術ベースで50万台を量産した場合100万円程度、本格商用化に向けた2030年頃には同一の量産規模で50万円以下を目標としている。

水素貯蔵技術ロードマップでは、2030年までの水素貯蔵技術(水素車載技術)を俯瞰し、その技術の現状・成果と主な課題、さらに実用化時期を特定している。最新のFCVは水素1kgで141kmを走行するため、700kmを走行する水素貯蔵量5kgを前提に検討している。水素貯蔵容器コストは、現状(技術実証)が約300~500万円、2015年(普及開始)には100~200万円、2020年(普及初期)には数10万円を目標としている。

水素製造・輸送・供給技術ロードマップでは、今回は「オンサイト方式水素ステーション技術」と「オフサイト方式水素ステーション技術」を統合し、目標値を示した。オンサイトステーションとオフサイトステーションに共通の水素供給コストとして、現状(技術実証)が約120円/Nm3、2015年(普及開始)には90円/Nm3、2020年(普及初期)にはハイブリッド車と競合できる約60/Nm3、2030年にはガソリン等価燃費以下の約60~40円/Nm3を目標としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.