> > 経産省 21年度の新エネルギー利用状況を発表、太陽光は6年間で4.7倍に

経産省 21年度の新エネルギー利用状況を発表、太陽光は6年間で4.7倍に

記事を保存

平成21年度は、義務者として電気事業者42社(電力会社10社、特定電気事業者5社、特定規模電気事業者27社)に対して、新エネルギー総量91億7007万kWhの利用を義務付けており、すべての義務者の届出量は義務量を上回っていた。また、電気事業者21社と発電事業者12社は、義務超過量を次年度の義務履行に充当するためのバンキングを行っており、平成22年度へのバンキング総量は64億573万1000kWh(電気事業者:63億1572万2000kWh、発電事業者:9000万9000kWh)だった。

平成21年度に新エネルギー等発電設備から電気事業者に供給された新エネルギー等電気の総量は、88億7316万2050kWh(前年度:79億1810万7841kWh)だった。このうち、昨年11月にスタートした「太陽光の新たな買取制度」により電気事業者に買取義務のある電気で、RPS法の義務履行に充てられない特定太陽光電気は、2億6482万3231kWhだった。発電の形態別に供給量をみると、トップが風力発電の37億3439万7573kWh、次がバイオマス発電の32億2323万1093kWh。続いて、水力発電の9億5338万4201kWh、太陽光発電の6億8121万9881kWh、地熱発電の1078万5000kWh、複合型発電の532万1071kWhとなった。平成20年度から平成21年度へのバンキング量は70億4315万kWhだった。

平成21年度は、RPS法第9条に基づき、8万3562件(設備容量64万5238kW)の新エネルギー等発電設備が認定を受けた。これにより、新エネルギー等発電設備の認定件数(平成21年度末現在)は、累計で51万9966件(設備容量648万6158kW)となった。昨年度認定を受けた設備のうち、特定太陽光発電は83475件(設備容量31万9687kW)で、その他が87件(設備容量32万5551kW)だった。その他の内訳は、風力発電が37件(設備容量27万1639kW)、バイオマス発電が11件(設備容量4万9053kW)、水力発電が21件(設備容量2865kW)、太陽光発電が16件(設備容量1850kW)、複合型発電が2件(設備容量144kW)。

新エネルギーの電気供給量の推移をみると、風力が平成15年度の9.9億kWhから21年度の37.3億kWhと、供給量を約3.7倍に伸ばしている。また、太陽光は、15年度の2.0億kWhから21年度の9.4億kWh(太陽光が6.8億kWh、特定太陽光が2.6億kWh)と、4.7倍に増加した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.