> > 東北大学 東北電力と海藻から高効率にエタノールを生産する技術を開発

東北大学 東北電力と海藻から高効率にエタノールを生産する技術を開発

記事を保存

東北大学は、東北電力と共同で、海藻から効率よくエタノールを生産する技術を開発したと発表した。今回開発した技術は、コンブなど海藻類の非食料バイオマス(生物資源)を酵素により生のまま液状化し、酵母・バクテリアを用いて連続エタノール発酵させ、エタノールを生産するというもの。草木・穀類など陸上バイオマスからエタノールを生産する場合、乾燥・チップ・粉末化などのエネルギー消費工程を経なければならないが、そうした工程が含まれないため、効率的なエタノールの生産が可能となる。

同技術によって、海洋で最も生産量の多い大型海藻である褐藻類からもバイオエタノールの生産ができるため、現在、火力発電所の冷却水として使用している海水系統に多量に流入し、廃棄物として処分されている海藻類の有効利用も視野に入れる。

海藻類、中でも褐藻は世界の沿岸海域に生息しており、その生産量は、熱帯雨林気候の地域に形成される熱帯雨林の生産量に相当するといわれている。そのため、食料として競合する可能性が低いバイオマス(生物資源)として期待されているが、構成成分が陸上植物と大きく異なるため、海藻からのバイオエタノール生産はあまり研究もされておらず、実用化にも至っていない。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.