> > カワサキプラントシステムズ ドイツの工場向けセメント排熱発電設備を受注

カワサキプラントシステムズ ドイツの工場向けセメント排熱発電設備を受注

記事を保存

川崎重工グループのカワサキプラントシステムズは、ドイツの工場向けに、本格的な設備としては欧州初となるセメント排熱発電設備を受注したと発表した。本設備(発電出力約6800kW)の導入により、セメントプラントの排ガスを有効活用し、プラント全体の電力消費量の約30%を賄うとともに、年間約4万tのCO2削減効果を創出する。稼動開始は2012年春の予定。ドイツをはじめとするヨーロッパでは、EUの環境規制強化などにより省エネ・環境製品に対する関心が高まっている。

今回受注したセメント排熱発電設備は、セメント製造の焼成工程で発生する排ガスの熱を排熱回収ボイラで回収し、蒸気タービンにより発電を行うもの。経済性と環境効果が高く、日本国内の大型セメントプラントの大部分に設置されており、中国を中心とするアジア地域でも導入するケースが増えている。

納入先は、ロホルドルファー建材グループ傘下の南バイエルンポルトランドセメント社のロホルドルフ工場。本プロジェクトは、ドイツの重電メーカーであるシーメンス社とコンソーシアムでの契約となる。カワサキプラントシステムズは、プラント全体のエンジニアリング、排熱回収ボイラの供給、客先供給機器の基本設計等を担当する。シーメンス社は、同社のエンジニアリングに基づき、蒸気タービン、発電機、電気品および制御装置の供給を担当する。

カワサキプラントシステムズは、セメントプラント向け排熱発電設備では、国内外合わせて約130件を超える納入実績を持つ。総発電規模は1600MW以上に達し、年間1100万t以上のCO2削減に貢献している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.