> > 東京ガス 付け替えが容易な、集合住宅向け「エコジョーズ」を発売

東京ガス 付け替えが容易な、集合住宅向け「エコジョーズ」を発売

記事を保存

東京ガスは、7月10日より、既設集合住宅の従来型風呂給湯器からの取り替えが容易な高効率ガス給湯器「エコジョーズ」2機種を発売する。エコジョーズを設置した際に発生するドレン水を、浴室内の排水口へ直接排水する仕組みを開発し、専用配管を不要とした。

エコジョーズを新たに設置する際、排熱の回収・再利用時にドレン水が発生する。ドレン水とは、排気ガス中の水分が結露して水になったもの。そのままの状態では、排ガス中のNOxなどの成分を吸収して酸性になっているため、中和器で中和し、ドレン水として排出する仕組みになっている。パイプシャフト内に風呂給湯器が設置されている集合住宅などでは、ドレン水を排水するための専用配管を敷設する必要があり、エコジョーズへの取り替えが困難だった。

エコジョーズは、従来のガス給湯器と比較して、年間でCO2排出量を約13%、ガス料金換算で約1万円削減する効果がある。東京ガスは今年度、エコジョーズの目標販売台数を約8.1万台に設定している。同社は、従来風呂給湯器を使用している住宅は約150万件あると試算しており、今回発売されるエコジョーズを拡販したい考えだ。

価格は、TP-T824RFW-RA型が426800円、TP-T816RFW-RAが386800円。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.