> > 双日システムズ 産業用LED照明の新ブランド「LioBrite」を展開

双日システムズ 産業用LED照明の新ブランド「LioBrite」を展開

記事を保存

双日の100%子会社である双日システムズは、米国リングデール社開発のActiveLED™技術のライセンス供与により、産業用LED照明の自社ブランド「LioBrite」(リオブライト)™を立ち上げ、日本国内での製造・販売を開始する。2012年には売上10億円を目指す。

同社は、今年5月より、ActiveLED™の発売を開始。同商品の特長を活かせる、工場、配送センタ-、倉庫などの高所照明、街路灯、歩道用ライト、屋外・屋内駐車場照明、屋外大型看板用照明、ガソリンスタンド照明などの商用・産業向けとして、拡販してきた。7月には、ホテルの屋外駐車場向けに最初の納入を行う予定だ。今回のLioBriteのマーケット投入により、一段と販売を加速させ、2012年には10億円の売り上げを目指したい考えだ。

LioBriteは、1Wあたり110ルーメンの高光束LEDモジュールを使用。効率的な放熱設計により、LEDモジュールの温度を大幅に抑制している。従来の高所照明と比べると、50~80%の省エネ効果があるという。そのほか、安定的な電力供給、調光器やセンサーによる照度調整、長寿命などの特長をもつ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.