> > 富士経済 LEDやエコカーに利用される熱制御・放熱部材の世界市場を調査

富士経済 LEDやエコカーに利用される熱制御・放熱部材の世界市場を調査

記事を保存

民間調査会社の富士経済は、LEDやエコカーなどを中心に、採用拡大が見込まれる放熱・熱線遮蔽・断熱部材の世界市場を調査した。熱環境の調整を行う「熱制御(熱管理)」は、「放熱」「熱線遮蔽」「断熱」の3機能に大別され、放熱部材はエレクトロニクス分野、熱線遮蔽・断熱部材は主に建築分野で使用されている。

2009年の放熱部材市場は、世界的な景気低迷の影響を受け、前年比8.8%減の1901億円となった。LED照明や太陽光発電システム、ハイブリッド車・電気自動車、パワーモジュールを用いる産業機器などの分野では、発熱量の増大により放熱部材の必要性が高まっており、高成長が見込まれる。2015年の市場は、2010年(見込)比1.2倍の2729億円となると予測している。

熱線遮蔽部材は、CO2の排出抑制や冷房費削減などの省エネに効果があるとして、日射熱の遮蔽対策に利用されており、比較的安定した需要を確保した。2009年は、熱線遮蔽フィルムと遮熱塗料の需要増が市場を牽引し、前年比4.4%増の424億円となった。今後も環境施策の追い風を受けて堅調に拡大し、2015年は、2010年(見込)比1.6倍の783億円となる見込み。

2009年の断熱部材市場は、不況による日米欧での新築住宅着工件数減少の影響で前年比12.8%減の6208億円だった。そのうち、住宅向けの複層ガラスが86%を占めた。2015年は、2010年(見込)比1.1倍の7083億円と微増の見込み。

同調査では、注目市場についても取り上げている。LED照明やハイブリッド車・電気自動車、パワーモジュールなどに用いられるアルミベース回路基板は、2010年(見込)は364億円、2015年は同年比約1.9倍の683億円となる見込み。省エネ対策として、冷房効率を向上させるためにオフィスビルなどの窓ガラスに使われる熱線遮蔽フィルムは、2010年(見込)は324億円、2015年は同年比1.6倍の514億円と予測されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.