> > 伊藤忠 米リチウム資源開発事業に参画し、アジア向け総販売代理店権を獲得

伊藤忠 米リチウム資源開発事業に参画し、アジア向け総販売代理店権を獲得

記事を保存

伊藤忠商事は、米資源開発会社であるシンボルマイニング社(シンボル社)に資本参加し、リチウム資源開発事業に参画すると発表した。リチウム資源は、電気自動車やハイブリッド車などに搭載されるリチウムイオン電池材料として、需要拡大が見込まれている。同社は、シンボルの生産するリチウム化合物について、アジア向け総販売代理店権を獲得し、日本や中国、韓国などに供給していく。

シンボル社は、地熱かん水に含まれるリチウムを抽出する独自技術を有し、同技術による世界初のリチウム化合物製造事業として、現在、カリフォルニア州南部に位置する地熱発電所でリチウムを回収、リチウム化合物を製造する事業を進めている。数年以内に商業生産を開始し、年間生産量は約1.6万t(炭酸リチウム換算)となる予定。将来的には、現在の世界の生産能力である約12.3万tの約50%に相当する年産6.4万トンの炭酸リチウム生産が可能だという。地熱かん水を利用したリチウム化合物の生産は、需要拡大に応じて短期間で増設・増産ができるため、エコカーの普及において重要な供給源となることが見込まれている。伊藤忠商事は、今回の投資において、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)による融資を受ける予定だ。

伊藤忠商事は、米国のリチウムイオン電池メーカーであるEnerDel社を傘下に持つENER1社への出資や、戸田工業との合弁事業による北米での正極材の製造等、成長が見込まれるリチウムイオン電池関連事業を強化している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.