> > 住友林業 太陽光発電システムやエネファームを搭載できる木の家を発売

住友林業 太陽光発電システムやエネファームを搭載できる木の家を発売

記事を保存

住友林業は、太陽光発電システムや家庭用燃料電池などを搭載できる木の家を7月9日から発売すると発表した。今回、同社は、環境に配慮した自由設計の木造注文住宅として展開している「Solabo(ソラボ)」をリニューアル。太陽光発電システムとともに家庭用燃料電池などが選択でき、設備仕様をグレードアップさせた新商品として、市場に投入する。住宅の購入を検討する人のうち、約75%が太陽光発電システムの搭載を希望しているとの調査もあることから、消費者ニーズに応える本商品の発売により、販売シェアの拡大を図る。本体価格は、3.3m2あたり58万円(税込)~。初年度の販売目標は4000棟。

New「Solabo(ソラボ)」では、居住環境やデザイン性を考慮して選択できるように、太陽光発電システムのバリエーションを増やし、従来の結晶系シリコン太陽電池に加え、新たに銅、インジウム、セレンを主成分とする薄膜系のCIS太陽電池を採用した。また、それぞれのタイプには、「屋根据置き型」を、結晶系シリコンタイプには、瓦屋根との調和を重視した「瓦一体型」を揃えた。

さらに、ガスを使って発電し、その熱でお湯を沸かす「エコウィル」、ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させ発電し、その熱を給湯や暖房に利用できる家庭用燃料電池「エネファーム」の搭載もできる。今回のリニューアルでは、LPガスエリアを利用した「エネファーム」の設置も可能とした。「エコウィル」または「エネファーム」と太陽光発電システムの組み合わせたダブル発電システムにより、天候の影響されずに、大幅なCO2排出量と光熱費の削減につなげることができる。

「Solabo(ソラボ)」は、国産材を70%使用し、冷暖房設備に頼り切らず涼風や日差しなどの自然の恵みを活かした「涼温房」設計手法を採用。これにより、従来(旧省エネ基準)の住宅に比べ、年間33%のCO2排出削減を可能とするなど、環境と家計への貢献度を高めてきた。同社は、国や自治体による太陽光発電システムの設置補助金や余剰電力の買取制度、住宅版エコポイントが利用できることも訴求ポイントに、拡販をめざす。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.