> > 三菱商事 世界最大級の太陽光発電所をタイに建設、太陽電池はシャープ製

三菱商事 世界最大級の太陽光発電所をタイに建設、太陽電池はシャープ製

記事を保存

三菱商事は、100%子会社であるDiamondGeneratingAsiaLimited(DGA社)を通じて、香港の電力会社、タイの大手独立発電事業者(IPP)と共同で、タイで世界最大級となる太陽光IPP事業に乗り出すと発表した。3社は、共同出資したNaturalEnergyDevelopmentCo.Ltd.(NED社)を事業主体として、発電容量73MWの太陽光発電所をタイのロッブリ県に建設し、全発電量をタイの電力公社であるEGATに25年間売電する事業を行う。発電所の建設における総事業費は約220億円。今年7月中に着工し、2011年末までの発電開始を予定している。

本案件では、温度特性に優れるシャープの薄膜太陽電池モジュールが採用された。発電所の建設にあたり、NED社は、シャープ、タイ最大手の建設会社、タイの設計会社の3社コンソーシアムと、プラント設計・機器調達・発電所の建設を一括して発注するEPC契約を締結するとともに、アジア開発銀行およびタイ商業銀行と融資契約を締結した。タイは、2022年までに全エネルギーの20%を新エネルギーとする計画で、東南アジアでいち早く政府支援制度を導入するなど、新エネルギー普及政策を推進している。

三菱商事と共同で太陽光IPP事業を行うのは、香港の電力会社であるCLPHoldingsLimited(CLP社)、タイの大手IPP事業会社であるElectricityGeneratingPublicCompanyLimited(EGCO社)。NED社は、DGA社、CLP社、EGCO社がそれぞれ33.3%出資し、東南アジア及び台湾のIPP事業会社として2009年4月に設立された。現在、タイと台湾で発電事業を行い、新規案件では、本案件とともに、ベトナム及びインドネシアで大型石炭火力発電案件の開発を進めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.