> > 日立化成 独SGLグループと欧州でのリチウム電池用負極材事業で提携

日立化成 独SGLグループと欧州でのリチウム電池用負極材事業で提携

記事を保存

日立化成工業は、ドイツのSGLGroup-TheCarbonCompany(SGLグループ)と欧州市場の自動車および産業用リチウムイオン電池用負極材事業で提携する。両者は同事業に関して包括的提携をすることで合意し、欧州での負極材供給体制の確立を図る。

SGLグループは世界最大の炭素・黒鉛専業メーカーで、日立化成は民生用リチウムイオン電池用負極材の世界トップシェアメーカー。両者は、民生用リチウムイオン電池分野では長年にわたり協力関係にある。今回の提携により、SGLグループの欧州における生産能力と日立化成の製品開発力を活用し、欧州子会社である日立化成ヨーロッパを通じて、欧州での製品販売および技術的なサービスの提供を行っていく考えだ。

ハイブリッド車や電気自動車などのエコカーをはじめ、太陽光発電や風力発電といった創エネ製品向けの蓄電デバイスの需要拡大に伴い、リチウムイオン電池用材料も需要の増加が見込まれている。高性能リチウムイオン電池の性能を左右する材料には、正極材、負極材などがある。欧州内において、正極材およびセパレータは既に供給体制が整っているが、負極材の供給体制はまだ確立されていなかった。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.