> > YKKAP 電気自動車の電源機能を付加した門柱を発売

YKKAP 電気自動車の電源機能を付加した門柱を発売

記事を保存

住宅建材メーカーのYKKAPは、電気自動車(EV)の電源機能を付加した門柱を7月26日より発売する。新製品「エレポルト機能門柱1型」は、本来の門柱の機能であるポスト、表札、照明、インターホンに加え、EVの充電が可能な200V電源を内蔵した。標準装備のタイマーを利用すれば、電力料金が割安になる深夜電力での充電もできる。また、EVの充電のほか、日曜大工などでも利用できる100V電源も内蔵させた。価格(税込・組立施工費等別)は、アクセントパネルなしタイプが257250円で、アクセントパネル付きタイプが264600円。初年度の売り上げとして2000万円を見込む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.