> > 東京都 下水汚泥用焼却炉など水道事業における新技術を開発

東京都 下水汚泥用焼却炉など水道事業における新技術を開発

記事を保存

東京都は、民間企業とともに、水道事業において、地球温暖化対策に貢献できる新技術を開発したと発表した。今回開発したのは、下水汚泥焼却時の温室効果ガスを大幅に削減できる「ターボ型流動焼却炉」と「下水汚泥の脱水を効率的に行う技術」、「光ファイバーを利用した水位検出システム」の3技術。

東京都では、下水の処理過程で発生する年間約120万トンの汚泥を、濃縮、脱水、焼却しており、汚泥の焼却時には、大量に排出されるCO2やN2O(一酸化二窒素)等の温室効果ガスの削減が課題となっていた。「ターボ型流動焼却炉」は、従来の燃焼に比べて、N2Oは50%以上、CO2は補助燃料使用量削減により10%以上、電力量削減により40%以上削減できる。同技術は、都の水道局と月島機械、三機工業による共同開発。

また、「下水汚泥の脱水を効率的に行う技術」では、画像解析を活用し、自動制御で手間をかけず、安定的に脱水できる技術を開発した。従来は、汚泥を脱水するために、凝集剤を人の手で調節しながら注入していたが、この作業を自動化することができる。「光ファイバーを利用した水位検出システム」では、区部の下水管に敷設されている約780kmの光ファイバーを活用。下水道管内に電源不要の光水位検出器を設置し、設定水位への到達の有無を光ファイバーで情報伝達し、受信したポンプ所や水再生センターの簡易型変換器でON-OFF信号を検出できるシステムを開発した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.