> > 東洋紡 太陽電池用の高機能ポリエステル(PET)フィルムを販売開始

東洋紡 太陽電池用の高機能ポリエステル(PET)フィルムを販売開始

記事を保存

東洋紡は、太陽電池のバックシートに用いられる各種ポリエステル(PET)フィルムの販売を開始した。太陽電池の最下層部分は、軽量化のため、従来のガラスから樹脂フィルム使用のバックシートに移行しつつある。さらに、主にフッ素系フィルムが用いられてきたバックシートの耐候層は、PETフィルムへの移行が進んでいる。同社は2015年にはPETフィルムが全体の7割を占めると予想し、2012年には関連製品と合わせて売上高70億円を目指す。

同社は今春より、耐久性が高く、環境にやさしい「シャインビーム®」など高機能バックシート用PETフィルムを販売している。このフィルムは、高い耐久性と耐熱性、難燃性により長寿命で、同社独自の「重金属を含まないPET重合用触媒」を使用しているのが特長だ。

同社はさらに、太陽電池セルを保護する封止材EVA(エチレン-酢酸ビニル共重合体)との接着性を向上させた「封止材易接着PETフィルム」も開発。また、同社食品包装用フィルム「エコシアール®」の技術を活用し、結晶シリコン太陽電池用に、水蒸気透過度0.1(g/m2・日)以下のバリア性を持つ「エコシアール®」ハイバリアグレード(PET)を開発中だ。太陽電池セルに水分を侵入させないことで、太陽電池の耐久性が向上するという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.