> > フジプレアム・デュポン 25%軽量化した結晶シリコン系太陽電池を開発

フジプレアム・デュポン 25%軽量化した結晶シリコン系太陽電池を開発

記事を保存

フジプレアム及びデュポンは、従来型の結晶系シリコン太陽電池より約25%軽量化した、薄型両面ガラスタイプの結晶系シリコン太陽電池モジュールを開発した。モジュールの軽量化については、これまで耐候性に問題があったが、今回開発されたモジュールは、従来型のガラスとバックシート構造をデュポン™PV5300と薄板ガラスの組み合わせに替えることで、強度、硬度、耐衝撃性を維持しつつ、軽量化と耐候性の向上を図った。今年中に、フジプレアムが発売を開始する。

同モジュールは、厚み3.2mmの従来のガラスとバックシート構造のPVモジュールに対し、表面、裏面ともに1.1mmの薄板ガラスに置き換え、新しい封止材としてデュポン™PV5300アイオノマーシートを使用することにより、軽量化を実現した。フジプレアムの技術により、デュポン™PV5300と薄板ガラスでシリコンセル及び電気回路をラミネートすることに成功し、薄型両面ガラスタイプ太陽電池モジュールの実用化に成功した。

フジプレアムは、太陽電池製造専門メーカー。産業用から一般住宅用まで幅広いモジュールを提供している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.