> > GSユアサなど EV用リチウムイオン電池を再利用する実証実験に着手

GSユアサなど EV用リチウムイオン電池を再利用する実証実験に着手

記事を保存

GSユアサ、三菱商事、三菱自動車、リチウムエナジー ジャパン(LEJ社)の4社は、電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の2次利用事業モデルを構築するために、今秋より京都市内で実証試験を開始する。本実証実験では、GSユアサが開発した、太陽電池で発電された電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、その電力を用いてEVを急速充電する「PV-EVシステム」を活用する。電力貯蔵用として、三菱自動車のEV「i-MiEV」で使用済みとなったEV用リチウムイオン電池を利用し、システムの電池コストの低減と、資源の有効利用による環境負荷の低減を図る。4社は、今回の実証試験を通じて、事業化に向けた検討を進めていく考えだ。

4社は、三菱自動車のEV「i-MiEV(アイ・ミーブ)」に搭載されているLEJ社製リチウムイオン電池について、車載用電池として使用した後の用途について検討を行ってきた。そのなかで、スマートグリッド(次世代送電網)における太陽光などの自然エネルギー貯蔵や産業用機器の電源など幅広い用途での2次利用の可能性を見出した。GSユアサの「PV-EVシステム」は、そうした用途開拓の一環で開発された。

「PV-EVシステム」は、太陽電池、リチウムイオン電池、EV用急速充電器で構成される。余剰電力は電力系統へ逆潮流ができ、電力貯蔵用のリチウムイオン電池は、リユース品の利用が可能だ。また、太陽電池で発電した電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、EVへ充電するシステムにより、電力系統への負担が低減され、一貫して直流電力を使用するため、電力の利用効率が高くなる。さらに、自然エネルギーで発電した電力を利用することで、発電からEV走行に至るまでのCO2排出量をゼロにすることができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.