> > パナソニック 工場まるごと省エネ支援サービスで、12年に60億円目指す

パナソニック 工場まるごと省エネ支援サービスで、12年に60億円目指す

記事を保存

パナソニックは、今年4月より、同社のCO2削減のノウハウを活用し、工場の省エネに必要な技術・設備・人材・資金を包括的に提供する省エネ支援サービスを開始した。工場や事業場における省エネへのニーズが高まるなか、同社はこれまで培ってきたCO2削減ノウハウをベースに「工場まるごと省エネ」を段階的に推進し、2011年度から本格的に事業に乗り出す。中国など海外展開も視野に、2012年には60億円の販売を目指す。

従来のサービスが空調、電気、ガスなど原動設備を対象とするのに対し、同サービスでは、原動設備に加え、生産設備の稼働状況などを総合的に判断し、工場全体の省エネを図るのが特徴。昨年度、同サービスの基幹技術となるSE-Linkをエナジー社和歌山工場に導入し、導入前と比べてCO2排出量を15%削減した実績がある。

省エネ支援サービス事業の内容は以下の通り。
省エネ診断
工場のエネルギーの使用状況を調査・診断し、最適な省エネシステムの導入、運転方法の改善、ロスの少ない運用方法など省エネ対策を提案。
見える化支援
工場の設備の運転状況、消費エネルギーを計測し、工場内のエネルギー使用状況を分析し課題を抽出、対策検討を支援する。2011年度には、同社開発の見える化支援ソフト「P-FEMS(PanasonicFactoryEnergyManagementSystem)」を販売開始予定。
省エネソリューション技術
P-FEMSによる情報をもとに、空調、高圧エア、蒸気、炉などの省エネ最適化設計、効果予測を行い、効果的な省エネ対策を提案。
SE-Link(SaveEnergyLink)
生産設備と原動設備の情報をリアルタイムで集約し、生産状況や季節、天候に応じた省エネモードを最適制御する技術「SE-Link」を活用し、工場の包括的な省エネ化を実現。
工場まるごと環境ワンパッケージサービス
省エネだけでなく、排水処理、造排水リサイクル、排ガス処理、資源リサイクル、土壌地下水浄化、太陽光発電など環境・エネルギー技術をトータルで提供。

P-FEMS、SE-Linkは、パナソニック生産革新本部が開発。省エネ支援サービス事業は、パナソニック環境エンジニアリングが担当。2010年度末には、愛知県春日井市に省エネの取り組みを紹介するショールームを開設する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.