> > ソーラーフロンティア 住宅向け太陽光発電システムの低価格パックを発売

ソーラーフロンティア 住宅向け太陽光発電システムの低価格パックを発売

記事を保存

昭和シェルの100%子会社であるソーラーフロンティアは、統一規格で低価格化を図った住宅向け太陽光発電システム商品「フロンティアパック2400」を、6月18日より各地域の販売代理店を通じて発売する。

「フロンティアパック2400」は、2.4kWの太陽光発電システム一式(CIS薄膜系太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、架台セットなど)に施工工事一式をパッケージしたもので、メーカー希望小売価格は1152000円(税込)。国の補助金を使うと984000万円で設置できる。こうしたパッケージ商品の販売は、国内メーカーでは初めて。コストを重視したシステム構成と施工の一括受注により、kW当り50万円以下での販売を実現し、顧客の投資回収期間は従来の約2/3に短縮した。また、同社は、7月出荷分より、国内で出荷するすべてのモジュールへの出力保証期間を、これまでの10年間から20年間に変更する。同社は、年産900MWの第3工場(国富工場)の稼動開始を予定しており、今回の商品ラインナップとサービスの拡充で国内販売の強化を図る。

CIS薄膜系太陽電池は、シリコンフリーで、銅(Cu)・インジウム(In)・セレン(Se)を主な材料とする化合物系太陽電池。従来型の結晶系シリコン太陽電池に比べて、影の影響を受けにくく、曇りでも安定した発電量が得られるなどの特長を持つ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.