> > 三菱電機 LED事業を強化、2015年度に500億円規模へ

三菱電機 LED事業を強化、2015年度に500億円規模へ

記事を保存

三菱電機は、LED新商品開発の促進、LED営業推進センターの新設などLED照明事業を強化し、2015年度に、09年度の約10倍となる事業規模500億円を目指す。

新商品開発については、同社研究所の基礎技術開発・応用技術開発部隊を投入し、オフィス、店舗・商業施設、工場・倉庫など施設向けLED照明器具を中心に行う。2012年までに施設用主力機種で120lm/Wの器具総合効率を達成するとともに、800機種のLED照明器具とLED電球・ランプをそろえる。2015年には誘導灯なども含め1500機種に拡大する。

また、同社は、世界トップクラスのドイツのランプ・LEDメーカーOSRAM社と20年以上提携している。今後は、OSRAM社のLED電球の国内導入を加速させるなど、連携を一層強化する。更に、7月1日付で、LED照明の提案など総合的な対応を行う「LED営業推進センター」を新設し、営業体制も強化する。特にLED化による環境貢献が期待できる施設用LED事業を拡大したい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.