> > パナソニック電工 操作性を向上させたEV・PHV充電用設備を発売

パナソニック電工 操作性を向上させたEV・PHV充電用設備を発売

記事を保存

パナソニック電工屋外コンセントパナソニック電工は、新機能の搭載により、操作性を向上させた電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHV)の充電用インフラ設備2タイプを、6月21日より発売すると発表した。

同社は、今回、EV・PHVの充電に使用するコンセントの操作性を向上させるために、電源プラグの抜き差しが簡単な新ロック機構を開発。本機構を搭載した普通充電(200V、100V)用として、住宅などの壁面に設置する壁面取付タイプ「屋外コンセント」と、公共施設や商業施設などの駐車場に設置が可能な自立スタンドタイプの「充電スタンドELSEEV(エルシーヴ)(パブリックエリア向け)」を発売する。希望小売価格は、壁面取付タイプの200V用が3675円、100V用が3255円、スタンドタイプが207900円(200V)。2012年度の販売目標は、壁面取付タイプが20万台で、スタンドタイプが1万台。

同社は、今後、戸建住宅向けの充電スタンドや認証・課金システムなどと連携した次世代の充電インフラ設備システムの研究開発を加速させていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.