> > カネカソーラーテック 薄膜系太陽電池新設備が稼働し、年産150MWへ

カネカソーラーテック 薄膜系太陽電池新設備が稼働し、年産150MWへ

記事を保存

カネカ100%出資子会社であるカネカソーラーテックは、薄膜系太陽電池の生産能力増強工事を進めてきたが、このたび新設備を竣工し、2010年6月から順次稼働する。

今回の能力増強設備には、製造コストの大幅なコストダウンを目指し、薄膜製造装置の独自開発による設備費の大幅低減、独自の製膜技術による生産効率と収率の向上、使用部材のコストダウンや基板の大面積化による製造プロセスの革新など様々な技術が盛り込まれている。これにより、薄膜系では世界最高水準となる変換効率12%の「薄膜シリコンハイブリッド太陽電池」を80MW/年増強し、トータルで年産150MWを実現する。

同社はこれまで、幅広い屋根形状に対応可能な据置型「GRANSOLA(グランソーラ)」、太陽電池を瓦として屋根に葺ける瓦一体型「VISOLA(ヴィソラ)」、化粧スレート瓦専用タイプ「SOLTILEX(ソルティレックス)」など、日本の多様な屋根材に適用した薄膜系太陽電池を、他社に先駆けて拡充してきた。新設備の稼働により、薄膜系太陽電池分野での展開をより一層加速させ、2012年度には国内市場シェア10%以上を目指し、ソーラーエネルギー事業をさらに拡大したい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.