> > 伊藤忠・日立ほか 「スマートシティプロジェクト」に参画

伊藤忠・日立ほか 「スマートシティプロジェクト」に参画

記事を保存

2010年4月より、伊藤忠商事清水建設日立製作所、山武が参画している「スマートシティプロジェクト」について、その詳細が公表された。同プロジェクトは、異業種のリーディングカンパニーの先端技術と実証実験データを共有し、新技術・事業を生み出すことで、世界各地の様々なニーズ・制約条件に対応した次世代環境都市の実現を目指す取り組み。

同プロジェクト推進のため、2009年9月に、ジョイントベンチャー「スマートシティ企画」が設立され、SAPAG、シャープ、日建設計、日本ヒューレット・パッカード、三井不動産、イーソリューションズ、東京大学などが技術連携を図ってきた。今回は、その趣旨に賛同した4社が新たに参画したものである。

伊藤忠商事の茨城県つくば市における電気自動車(EV)の実証実験や世界中でのスマートシティ関連事業のノウハウ、清水建設のマイクログリッドや建物のCO2排出量の削減技術、日立製作所のエネルギーインフラ構築力、山武のビルオートメーションシステムなど、各社の強みを活かし、一社単独ではできない事業・技術を創出することによって、日本発スマートシティの展開へ向け活動を加速させる。

同プロジェクトにおいては、現在、街区レベルで設備導入の最適化や導入効果算定の「シミュレーション」を行うシステムを開発中。このシステムを最大限に活用し、以下の5項目の事業を展開することを目指している。

①地域のエネルギー量の見える化、住民への安心・安全なサービスの提供を行う地域EMS
②自動エネルギー管理・運転等を行うスマートビル
③電力のデマンドレスポンスへの対応などを行うスマートハウス
④EV、ITS(高度道路交通システム)を含めたエコカーのインフラシステム
⑤天候などに応じた発電予測や蓄電池との連携による、電力安定供給が可能な分散電源システム

国内では千葉県柏市柏の葉地域における次世代環境都市計画、海外では先進国や新興国における提案活動を進め、着々とプロジェクトを展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.