> > 三菱電機 家電プラスチックの大規模・高純度リサイクル工場を稼働

三菱電機 家電プラスチックの大規模・高純度リサイクル工場を稼働

記事を保存

三菱電機は、使用済み家電製品からプラスチックを高純度に選別・回収する日本初のリサイクル工場の稼働を開始した。同工場では、独自の比重・静電選別技術に高速分析技術を組み合わせ、国内で初めて、混合プラスチックから主要3大プラスチックであるPP(ポリプロピレン)、PS(ポリスチレン)、ABS(アクリロニトリル-ブタジエン-スチレン)を高純度に自動で回収・選別し、年間約6400tのプラスチックをリサイクルする。

同社は、これまで、使用済み家電製品に含まれる年間約10000tのプラスチックのうち、約600tを目視と手作業により選別・回収してきた。本工場の稼働により、プラスチックの回収量を年間約7000tに引き上げ、家電から家電への自己循環リサイクルの大幅な拡大を図る。また、同社では7000tのプラスチックリサイクルにより、新たに石油から製造するのに比べ、約7300tのCO2排出量が削減できると試算している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.