> > 日本郵船 米貨物ターミナルにソーラーフロンティア製CIS太陽電池を採用

日本郵船 米貨物ターミナルにソーラーフロンティア製CIS太陽電池を採用

記事を保存

日本郵船は、同社の米ロサンゼルス港自営ターミナルであるYusenTerminalsInc.社(YTI社)において、同港で初めて太陽光発電システムを導入し、稼働を開始したと発表した。今回導入したシステムは、ソーラーフロンティア(旧昭和シェルソーラー)製CIS薄膜太陽電池。同社グループの郵船商事と共同で、96枚のパネルを設置し、年間発電量として約11800kWh、CO2排出の削減量として約23000m2の植樹に相当する効果を見込む。また、海水など海洋環境への耐久性を実証するため、パネルは埠頭に隣接した場所に配置された。

YTI社は2003年3月、ロサンゼルス港のコンテナターミナルとして初めて環境マネジメントシステム(EMS)の国際標準規格ISO14001の認証を取得し、環境問題に積極的に取り組んでいる。またロサンゼルス港全体で、太陽光発電により10MW規模の発電容量をまかなうとする同港の5ヵ年計画を支援している。

CIS薄膜太陽電池は、シリコンのかわりに銅・インジウム・セレンなどを主原料とした薄膜化合物系太陽電池で、従来の結晶シリコン系太陽電池より太陽光の吸収力が高く発電性能に優れているなどの利点がある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.